FC2ブログ

μ(ミュー)ニュートリノのほうが速いというので

μ(ミュー)ニュートリノのほうが速いというので、各距離を通過するのにどのくらい時間が変わるのか計算してみた。
区間 距離 所要時間
μニュートリノ
東京-大阪(大圏航路) 4.01353*10^2km 0.00133877秒 0.00133543秒
東京-ソウル(大圏航路) 1.159638*10^3km 0.003868136秒 0.003858490秒
東京-サイパン(大圏航路) 2.357896*10^3km 0.007865094秒 0.007845481秒
東京-ブエノスアイレス(大圏航路) 1.8385829*10^4km 0.061328524秒 0.06117559秒
地球の赤道円周 4.0075110*10^4km 0.1336761794秒 0.133342822秒
地球-月 3.84400*10^5km 1.28222秒 1.27902秒
地球-太陽 1.49598770*10^8km 8.3167963分 8.29605626分
太陽-海王星 4.5499*10^9km 4.2111時間 4.2052時間
太陽-セドナ(*1)最短距離 1.1*10^10km 10.5時間 10.2時間
太陽-セドナの最長距離 1.35*10^11km 5.21日 5.19日
太陽-オールトの雲の内縁 1.496*10^12km 1.925ヶ月 1.920ヶ月
太陽-オールトの雲の外縁 1.496*10^13km 1.582年 1.578年
太陽-プロクシマ・ケンタウリ 4.2年 4.2年(*2)
太陽-シリウス 8.6年 8.6年(*2)
太陽-プロキオン 11.5年 11.5年(*2)
太陽-アルタイル 17年 17年(*2)
太陽-ヴェガ 25年 25年(*2)
太陽-北極星 326年 325年
太陽-ベテルギウス 497年 495年
太陽-デネブ 1424年 1420年
太陽-銀河中心 2.8万年 2.8万年(*2)
太陽-大マゼラン星雲 1.6*10^1万年 1.6*10^1万年(*2)
太陽-小マゼラン星雲 2.0*10^1万年 2.0*10^1万年(*2)
太陽-アンドロメダ銀河 2.30*10^2万年 2.29*10^2万年
太陽-子持ち銀河M51 2.100*10^3万年 2095*10^3万年
太陽-おとめ座銀河団 5.900*10^3万年 5.885*10^3万年

(*1):太陽系外縁天体のひとつ
(*2):有効数字桁数の範囲で丸めると同じ値になる

やぶれかぶれっ!

とは、いっても、自暴自棄というわけではなくてジーパン。
きわめて見にくい(!=醜い(^^;))場所が破れた。
多分普通に歩いていても気づかれないような場所。

両腿の内側、付け根の少し下あたり。どうもこれは、体型のせいらしくて、何を穿いていてもそのうち、同じ箇所が破れる。

チノパンとかも破れる。
半パンとかでも、生地によっては、やっぱり破れる。
スーツの上下そろいを買っても下だけ先に破けて使用不能になる。
くくうっ(泣き)…

ということで、スーツの下は、ポリエステル100%のものを着用。さすがに化学繊維だけあって、強靭!
(上と揃いでなくなるのが、まぁ、欠点といえば欠点ですが)

で、ジーパンを新しく買ってきました。エドウィンのS403、SOFT-FLEXタイプ。
破れたやつと同じシリーズだけど、これが一番窮屈さを感じないのであえて同じもの。

破れたジーパンの写真、載せようかと思ったのだけれど、さすがに恥ずかしいので中止!

ニューラルネットワークの最速急降下法と、うつ病の類似?

うつ病と、ニューラルネットワークのポテンシャルエネルギーの動きって何となく似てないでしょうか。

ポテンシャルエネルギーっていうのは、続きで説明しますが、そのものが、ある環境下で潜在的に持っているエネルギー量です。

もう、十数年前の記憶なので、定かではないですが、ニューラルネットワークを学習させるための方法として、
最速急降下法という手法があったと思います。(違っていたらごめんなさい)
現在の状態からポテンシャルエネルギーの降下率がもっとも高い方向にネットワークの状態を変化させるというものだったような気がします。
変化によって、ネットワークの状態がポテンシャルエネルギー(実際の出力と、期待する出力の差)の分布のどこかのくぼみ(低い場所)にはまって、安定します。
ただ、そのくぼみは、曲者かも知れず、最も低いくぼみではないかもしれません。今はまっているそのくぼみがポテンシャルエネルギーが最も低い場所かわかりませんので、慣性力のような調整項をいれて、小さなくぼみからは抜け出せるようにします。そうしてよりポテンシャルエネルギーの低い、ネットワークの状態を探します。

前置きが長くなりましたが、うつ病の状態変化は、ネットワークのポテンシャルエネルギーの分布と似ているのではないか?と思うのです。
うつ病の気分の不安定性が、なーんとなく似ている気がします。

気分が不安定になっているうつ病患者は、自他によるちょっとした刺激が受忍限度を超えると、急坂を転げ落ちるように落ち、とあるくぼみにはまります。くぼみにはまって動けないということは、気分が何モノかにとらわれている状態って言えませんか?
そうして、また何かの自他の刺激をうけると、そのくぼみを飛び出して、どこか別のくぼみにはまる(別な気分の状態)。

ネットワークはある決まったポテンシャル分布をしています。
うつ病もその人の性格や周囲の環境、発症の引き金の内容などに因る固有のポテンシャル分布をしていると思います。

違いは、うつ病の場合は、周期性(個人ごと)や季節性の影響を受けて、ポテンシャルエネルギーの分布が、浅くなったり、深くなったりすることでしょうか。

浅いうちは自力で他の状態(くぼみ)へ移ったり、セルフコントロールでくぼみの峠を渡り歩いてポテンシャルエネルギーの高い状態を維持できます(セルフコントロールを間違えると、突っ走りすぎて「過労」というくぼみにはまってしまったりします)。
ところが分布全体が深くなってくると、くぼみが深くなり、峠は急峻になり、ポテンシャルエネルギーの高い状態を維持し辛くなってきます。
くぼみにいた場合は、そのまま深くなったくぼみの底に置き去りになり、峠や峰にいた場合は、ちょっとした刺激で峰からくぼみに転げ落ちます。

何となく、似ているような気がしませんか?
だからといって、どうしたらいいのか、わかりませんが…

続きを読む

薬を増やしておいても、うつ症状は悪化

今日は、午後4時くらいまで、ほとんど寝ていた。エネルギーが出ない。
頭全体がどんよりと、あつっぽく、頭痛も頻繁に起きている。

22日(会社休んだ)から続いていて、今はまだ、気分の上昇に移るか、感じ取れない。

投薬治療は、罹患発覚時から続けているが、薬の量は、増えるばかり。

主な抗うつ薬はジェイゾロフトとアンデプレ、精神安定剤としてメイラックス。

主治医に、この時期は調子を崩す患者が多いので、一応、予防的に薬を増やしておこう、といわれ、
自分は乗り気ではなかったけれど、承諾した。

それでも、やっぱり、悪化してしまった。

自分は命の大切さを知っているので、死のう、などとは考えないが、なべ底状態…ならまだよい。

ヴェガよ、ヴェガよ

夜空すべてをかき消すような、地上の盛大な明かり。
買い物をする者、遊んでいる者、家路を急ぐもの、夜勤に出る者、
思い思いの人々が交錯する光に満ちた交差点。

渇きを覚え、見上げると、汝がいる。

小さな真白き光点

頭上の天空は、我と汝をつなぐ秘かな覗き穴
無味乾燥な、見も知らぬ人々の流れに乗り漂っている我と汝の間のひそやかな窓。

人知れず純白の輝きと煌きを振りまきながら、25光年の大宇宙への浜辺にいて、
天の頂の窓越しに分け隔てなく、その清楚な輝きを大地に贈る汝。

我は、汝を見ると、激しい憧憬が心に湧き上がる。
その一瞬、汝は、唯の星ではなく、大宇宙を代表した輝きに変わる。
大宇宙で起きているもろもろの見知ったもの、見知らぬものを
背後に控えた汝に。

だから、どうしようもなく渇いた日の夜には汝を探すのだ。
そして、抑え込むしかない大宇宙への憧憬を抱いて、家路を歩くのだ。

続きを読む

プロフィール

「まく@hewsnest」

Author:「まく@hewsnest」
うつ病持ちIT系復職サラリーマンです。
星検3級所持。星好き、石好き、本も好き。観葉植物を育てたり、地味~に生きてます。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンタ
リンク
Twitter...
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
観葉 植物 星 宇宙 適応障害 うつ病 鬱 休職 復職 症状 男性不妊治療 不妊治療 旅行 お出かけ PC ソフト 宇宙戦艦ヤマト 天然石 鉱物 ミネラル 認知症