FC2ブログ

縦横無尽のストーリー!

某電車内広告でみた、「縦横無尽のストーリー!」という文句。
「縦横無尽のストーリー展開!」とかなら、お、と思うかもしれない。
「縦横無尽のストーリー!」は、さまざまなストーリー集でぇす、と言っているのと、
同じではないのかな?

花が咲きました

花が咲きました。

グラプトペダルムカネイの花   秋麗の花
グラプトペダルム=カネイの花   秀麗の花

グラプトペダルム=カネイの花が咲きました。
右側の秀麗に比べてやや地味ですが、
ほとんど変わらないんですね。初めて今年、花をつけてくれました。

花が咲いた、といえばもうひとつ。クロトンの花を始めて、見ました。

クロトンの花その1   クロトンの花その2

何か小さい白い線香花火のようで清楚で儚げです。
実際、2日程度で落ちてしまいます。花の出ている枝には、
花にならずに、枯れてしまっているものもあります。
次の世代に命をつなげることは、植物にとっても大変です。

感動したい

感動したい。

うつになってから、ポジティブな方向への感受性が鈍ってしまったようだ。

もちろん、大好きな、いままで経験した以上の満天の星空の下に行ければ、感動できると思う。

でも、それも、難しくなった。会社での勤務(定時間内)に、毎日、疲れきってしまい
(適当に息を抜くのが下手くそで、勤務中、集中力フル回転)
土日はその休養になってしまっている。
こんな状況がずっと続くと思うと、気持ちが滅入ってしまう。

復職した途端に、給料が激減して、毎月、カツカツ。

どこか、くつろげる場所に泊まって、ゆっくり星を眺めるなんて、少なくとも2年間は無理そう。

星空のことだけ書いたけれども、それでなくてもいい。

映画でも、TVでも、本でも十分。

どなたか、感動できるDVDや本をお薦めして頂けないでしょうか…。

2011年06月05日

今日は、今まで気力が湧かずに放っておいた事を2つやった。

1つ目は、天体望遠鏡の、ファインダーと鏡筒の光軸あわせ。

やることは、200メートル以上先(と思われるもの)を主鏡の光軸で捕らえ、ファインダーでも同じものが中心に来るよう光軸を調整する。
そして次第に3段階くらい倍率を上げて、調整を繰り返すだけだ。

で、肉眼で標的を定め、低倍率で視野を広くし、狙ったのはいいのだが、対象物を主鏡で見つけられない。
肉眼で見た目と同じものはいくら探しても見つからない。
んん?と思ったとき原因が自分の目であることに気がついた。
対象物は、主鏡の狙った範囲に収まっていたのだが、肉眼で見たイメージとずいぶん違っていたため、見つからないと
思っていただけだった。愕然。自分の目には乱視が入っているのか、白内障がきているのか。
三日月は三つくらいにぶれて見えるし…

2つ目は地デジHDDブルーレイレコーダーの接続。

手持ちの地デジ非対応のVHS、HDD、DVDレコーダーとあわせて使うつもりで、こいつの映像-音声出力から、地デジHDDブルーレイレコーダーの映像-音声をつなぎ、アナログで取りためた番組もそのまま、見れるようにするつもりだった。

しかーし、電源入れたら、手持ちのレコーダーのファンから細く煙が吹き出ている!まったく気がつかなかった。ファンなんて後ろへ向けて気流を流すものなんで、まったく気がつかなかった!たまたま今回、地デジHDDブルーレイレコーダーを接続しようとして気がついたのだ。
危なかったー。火事になるところかもしれなかった。

危なくて仕方がないので、手持ちのレコーダーはHDD内の映像ごと、燃えないゴミ(当方の地域)に。



あと、まったく関係ないところでも、燃えないゴミになるものが。

シェーバー。

シェーバーの充電用ケーブルの付け根、外部の被覆がかなりな範囲にわたって裂けてしまい、
銅線についている被覆がむき出しになっている。片方だけならまだしも、もう一方も裂けてきているので、
いつ、熱か何かで被覆が溶けてショートしないかわからない。

これも、危なくて仕方ないので、燃えないゴミに。

やれやれ。

隕鉄

隕鉄のかけらを手に入れた。

説明によると、46億年以上前に作られた鉄とニッケルの合金だとか。

本物かどうかわからないが、本物だとしたとき、

フト、この隕鉄が誕生したときのことを思う。

どこかわからない宇宙のどこかで、大きな恒星が最後の瞬間を迎えようとしている。

ぶよぶよと波打つ赤い表面をしていて、星の内部は熱対流と核融合の中心核からの放射熱と放射圧で煮えたぎっている。

核融合が可能な、高温、高圧な領域に、すでに核融合の燃料となる物質は枯渇してきている。

星は、核融合の中心核で、水素はもちろん、ヘリウム、炭素、酸素、珪素などを次々に燃やして、生き延びようとする。

しかし、法則とは冷酷だ。

核融合の結果、中心核に鉄があわられる。鉄はもっとも安定した原子で、核融合も核分裂もしない。

星は、中心核に鉄を抱え、鉄の周りの層で、他の原子が核融合をつづけている。

そして、核融合可能な範囲に核融合の燃料となる物質が尽きたとき、星の鼓動が止まる。

光と熱の支えを失った、星の外層、内層が、重力に引かれて中心核に殺到する。

中心核は、周囲から加わった物質落下の強烈な圧力で圧縮され、中性子の核へと変化する。

中心核にぶつかった物質は、中心核の表面で跳ね飛ばされ、星の外側への衝撃波となる。

その波の中でも物質が激しく衝突し、核融合が起こり、さまざまな元素が生み出される。ウランのようなものまで。

衝撃波が、星の表面に達したとき、表面の層を吹き飛ばし、星は猛烈に明るく輝き、やがて消えていく。

恒星が自らを吹き飛ばし、恒星としての一形態に別れを告げ、他の形態に変化していく。中性子星だ。

この隕鉄は、中性子になりそこなった鉄とニッケルの合金のかけらか、

激しい衝撃波の中で生まれたのかのどちらかだろう。

46億年以上前に吹き飛んだ星のかけらが僕の前にある。何の縁で繋がっているのだろう…

でも、なんでもないことかもしれない。

僕の体を構成している原子はすべて、星が恒星としての一生の終わりに宇宙に投げ返したものなのだから。
プロフィール

「まく@hewsnest」

Author:「まく@hewsnest」
うつ病持ちIT系復職サラリーマンです。
星検3級所持。星好き、石好き、本も好き。観葉植物を育てたり、地味~に生きてます。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
リンク
Twitter...
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
観葉 植物 星 宇宙 適応障害 うつ病 鬱 休職 復職 症状 男性不妊治療 不妊治療 旅行 お出かけ PC ソフト 宇宙戦艦ヤマト 天然石 鉱物 ミネラル 認知症