FC2ブログ

結局は塵に帰る

このところ、どうにも気力が湧かず、へたばっている。
理性で気力を奮い起こそうとしても、その間に気力がぐずぐずと崩れていく。

僕らは、煎じ詰めれば宇宙の作った塵から生まれた。

そして、火葬だろうが土葬だろうが、太陽の最期の日の前に、

その光球の中に飲み込まれて、地球ごと、また、塵に戻っていく。

ましてや数十年分しか与えられない、生命と心、

僕が何をし、何に喜び、何に苦しみ、最期のときに、楽しかったと笑って逝けるのか、
惨めだったと悔しい涙を流しながら逝くのか、
きっと、意味はない。

結局は、押し寄せる時間の波に繰り返し曝されて朽ちるか、病気や怪我がもとで逝くことにななるが、どちらにしろ、
朽ちることに違いはない。

僕は、幼かった頃、何に本気で喜んだのか、不思議に記憶がない。

しかし、その記憶があろうがなかろうが、朽ちて塵に帰ることに変わりはないのだ。

その後に人生において、常に何かに叩かれ続けているように思われて、日陰のいじけた木のように

心が醜い姿をしていようが、終わりの日はやってくる。

自分は、不老、不死を望まない。

終わりがあるから、自分に残された時間を精一杯生きたいと思う。

でも、自分のマインド、ハート、ウィルパワーは今はずたずただ。

いくらマインドがハートにけしかけても、ハートは拒否して動かず、結局ウィルパワーが発動されないことも。

後で後悔してマインドがハートを叩けば、ハートは余計に弱って萎びていく。

こんな悪循環など望んでいないのに…

終わりの日にこの悪循環を断ち切るのは嫌だ。生きているうちに、断ち切って、少しでも人生を楽しみたい。

いずれ、塵に帰る身であればこそ。




プロフィール

「makumaqu@hewsnest」

Author:「makumaqu@hewsnest」
うつ病持ちIT系復職サラリーマンです。
星検3級所持。星好き、石好き、本も好き。観葉植物を育てたり、地味~に生きてます。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
SNSとか
観葉 植物 星 宇宙 旅行 お出かけ PC ソフト 宇宙戦艦ヤマト 天然石 鉱物 ミネラル
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる