FC2ブログ

初老女性の横入りに関する考察

2箇所あるレジカウンターのうち、1箇所だけが、動いていた。大量に買い込んだ人がレジにいて2番目にワタクシ、3番目に初老の女性と並んでいた。



閉じていたレジカウンターが開いて、「2番目の方どうぞ」と言った。



すると、3番目だったはずの初老の女性がなんでもないそぶりで、しゃあしゃあと、先に入ってしまった。想ったのは、「ああ、またか」



思い浮かべてみると、何故か、レジカウンターなどでマナーを守らない人は、初老女性が多いような気がする(もちろん自分が見た人たちに限ります。すべての女性がそうだというつもりは毛頭ありません)。男性ではほとんど出くわしたことがない。



何故だろうか。考えられる候補は以下のようなものか



(1) 寒い季節で、早く用を足したくなったので、横入りした。

(2) 時間にうるさい旦那さんが待っているので、横入りした。

(3) 2番目のオトコがぼーっとしていて無害に見えたので、ナメてかかって横入りした。

(4) ほとんど本能的にいつも急いでいるので、横入りした。



検討すると、

(1) あり得る

(2) 「時間にうるさい旦那」が常にいるとは限らない。可能性は低い。

(3) ムカつくので却下(なんと失礼な!)

(4) 一番ありえそう。



本能的にいつも急ぐ理由は、少しでも時間を確保するため。いまでいうワークライフバランスですね。年をとれば誰でも動作が遅くなる。それでもやるべきこと(恐らく家事)は変わらない。となれば、何とか家事をこなすための時間捻出あるいは少しでも自分のための時間を捻出するために、「待つ」という動作を極力省きたくなる。んで、待たないための手段として、「横入り」を用いる人もいるだろう。ただし、後続の人を確認して横入りしても問題なしと判断した場合のみだろう。



こうして、新しい仮説が一つ誕生した。



「初老の女性の横入りは、加齢に伴うスループット低下に対して、ワークライフバランスを維持するための1手段として状況に応じて利用される」



補足:

初老男性も、加齢に伴い、スループットが低下するが、リタイアした男性は、家庭内におけるワークライフバランスがきわめて良好、もしくは、ほとんどライフ側に偏っているため、横入りをする動機がないからとも考えられる。ただし、ギャンブルなどで金銭が絡む場合や並び順に面子がかかわる場合は、横入りは、より大きな摩擦を引き起こす可能性がある。



ホントは(3)かも。 下らんお遊び書きまして、ど~もすみません。

社会保険庁の教育と山本五十六語録と

直前の記事を腹を立てながら書いていて、ふと、山本五十六を思い浮かべました。



「やってみせ 言って聞かせて させて見せ ほめてやらねば 人は動かじ」



「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」



「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」



「苦しいこともあるだろう 言い度いこともあるだろう 不満なこともあるだろう 腹の立つこともあるだろう 泣き度いこともあるだろう これらをじっとこらえてゆくのが 男の修行である」



なのだそうです。



社会保険庁の職員は、一番上の「やってみせ…」を派遣アルバイトの人にやっているのかな?

でも、ろくな教育じゃなかったみたいだし…

またやったか!!社保庁!!

以前の記事でも書いたんですが、社会保険庁が、外注を使ったせいで、手戻りが発生したようだ。



社会保険庁のコンピューターに未入力の「旧台帳」の年金記録計1466万件の入力作業で25万件もの転記ミスを発生させたらしい。



社会保険庁は、人材派遣会社から中国人を雇っていたらしい。人材派遣会社の、中国人アルバイトは「日本語を話せるし、漢字も書ける」と説明を受けていたという。その説明を鵜呑みにした結果、こういう事態になった。



まぁ、誤記が2%にも満たないうちに見つかったのはむしろ幸いか…?



だから、社会保険庁の人間だけでやれと言ったのに。彼らは尻拭いは自分達でやる気はさらさらなく、新規人材投入の人海戦術で乗り切ろうとしている。1600人体制にしたらしいが、派遣アルバイトだそうだ。



社会保険庁の職員は、自分達の尻拭いを棚に上げて、あやふやな知識の派遣アルバイトに「速く速く、正確に正確に」等といって偉ぶってうろうろしているんじゃないか?

そんな状態なら、アルバイトが、誰の年金記録だかわからないものをどれだけ真剣に考えて扱うだろうか。人間の自然な心の反応を考えたら、わかりそうなものだ。



だいたい品質と納期は片方優先するともう一方がおろそかになるもの。件数を割り当てられて「可及的速やかに転記せよ」と言われても、モチベーションはないし、社会保険庁自体にムカついているし、件数をこなすことだけしか考えないだろう。

「急げというなら急ぎます。でも品質は保証できません」と。



何故、直接責任のある社会保険庁の職員の手空き総員が作業に携わらない?

言葉は悪いですが、派遣アルバイトは、社会保険庁が、問題解決のために選択したツールにすぎず、何かあったとしても、それは派遣アルバイト個人の責に帰するものではない。そのツールを選んだのは社会保険庁なのだから。

結局責任を取るのは社会保険庁なのだ。



だから何故、直接責任のある社会保険庁の職員が手空き総員で作業に携わらない?

厚生労働大臣や社保庁長官ならしかたないとしても。

職位の上下も関係なく、職員自らがそれこそ不眠不休の覚悟でやって見せてこそ、アルバイトにも深刻な非常事態であることが伝わるのではないかな…。



眠い…

ただいま午後6時半。睡魔と闘っている最中。



昨日は8時間くらいは寝ているはずなんだけど…

でも途中で2回起きているんだな、これが…



眠いよー





偽装

偽装といえば、
>ノリの奮闘記さんの記事
をみて、思ったことがあります。



偽装といえば、個人レベルでもありますよね。

悪質なものを『詐欺』と呼びます。



ところが名前のつかない個人の偽装もあります。

自分をよく見せたいとか、動機は何であれ、

素の自分ではなく、背伸びした自分を本当の自分と『偽装』する…。

やがて『偽装』し疲れて、次第に、自分と環境(会社とか恋人とか、サークルとか何でも良い)とが乖離していく。

それでも『偽装』を続けると、疲れ果ててしまい、環境からは脱落(環境が要求することがこなせなくなる)する。

無能感、劣等感や怨みなどの、よくない感情が生じ、やがてその人の自信を蝕んでいく。



「悪意のない個人の偽装」が名前を持たないのは何故なんだろう。

そろそろついてもよさそうな気がするのだけど

プロフィール

「まく@hewsnest」

Author:「まく@hewsnest」
うつ病持ちIT系復職サラリーマンです。
星検3級所持。星好き、石好き、本も好き。観葉植物を育てたり、地味~に生きてます。

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンタ
SNSとか
観葉 植物 星 宇宙 旅行 お出かけ PC ソフト 宇宙戦艦ヤマト 天然石 鉱物 ミネラル
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる