FC2ブログ

タイのアユタヤ洪水にみる、企業の脆弱性、もしくは終焉、企業百年の計

タイのアユタヤ洪水では、200人以上の方が亡くなられたとか。ご冥福をお祈りいたします。

日本も自然に大いに叩かれました。東日本大震災、台風12号、台風15号、などなど。

ところで、タイのアユタヤ洪水で、部品工場が水没し、部品の調達ができなくなった自動車会社や重電機器メーカーがあるとか。

そういった取引先が、操業を停止してしまったために、他の部品を請け負っていた会社まで、とばっちりをうけて

減産や操業停止などの生産調整をせざるをえなくなっている。

なんともバカバカしい話だ。

企業には、大企業から中小、零細企業まで、買う-買ってもらう、のヒエラルキーがある。

トップの企業が停まれば、そのヒエラルキーの下の階層の企業に何らかの打撃がある。

何故、今回部品工場が水没した企業は、他の地域にも生産拠点を設けなかったのか。

もし、今回のような事態を考えておれば、当然、生産拠点の分散というリスク軽減策があって当然なのだ。

それをせずに、アユタヤの工業団地にのみ、工場を作った、ということは、

単に良質で安価な労働力を求めた、というだけの企業の思考であったといえる。

いつまでも、良質な安価な労働力を提供できる国などない。その国と国民が富むにつれて良質な労働力の単価は上昇する。

その国が、安価な労働力を提供する国から、今度は、市場へと変わる。

企業は、物を作らせる立場から、物を買ってもらう立場へと変わらざるを得なくなる。

そして、企業は、より良質で安価な労働力を求めて、世界を彷徨う。

いつかは、すべての国や、地域が、労働力の提供場所ではなくなり、市場となるだろう。

企業は、労働力の単価格差に惹かれて、正社員の採用を制限する。

結果、企業が最初に根を下ろした国家の失業率の増大、国家の若年低所得者層の増加を招き、

皮肉なことに、根ざした国家の市場が衰退して行く。

一方では、良質で安価な労働力を提供できる国は、先に書いたとおり、市場となって成長する。その国の企業も増え、ライバルとなる。

韓国、中国がいかに変貌したか。

かくして、国家間格差は縮小する。この現象でも、熱力学の第2法則、エントロピーの増大が見られるのは、なんとも興味深い。

競争社会であり、企業群が無秩序に利益を求めるがゆえに、エントロピー増大を抑える制御が存在しないのだ。

国家群の経済格差のエントロピーが最大に達したとき、企業がどのような変貌を遂げているのか、どのような終焉を迎えているのか、

非常に興味深い。

そう、私は、「どんなに強力な企業であっても、企業皆が利益第一主義の世界では行き詰る」、といっているのだ。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必滅の理を表す。

驕れる者も久しからず、ただ、春の夜の夢の如し。

たけき者もついには滅びぬ。ひとえに風の前の塵に同じ。」


プロフィール

「まく@hewsnest」

Author:「まく@hewsnest」
うつ病持ちIT系復職サラリーマンです。
星検3級所持。星好き、石好き、本も好き。観葉植物を育てたり、地味~に生きてます。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンタ
リンク
Twitter...
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
観葉 植物 星 宇宙 適応障害 うつ病 鬱 休職 復職 症状 男性不妊治療 不妊治療 旅行 お出かけ PC ソフト 宇宙戦艦ヤマト 天然石 鉱物 ミネラル 認知症